痛風は予防できる|現代人に襲い掛かる恐怖

お腹

腸の健康を考えよう

腸内フローラの特性は、腸内に生息している菌の事であり、その様子がお花畑に見える事から、腸内フローラと呼ばれています。注目されている理由は、腸内フローラを整える事が、健康や美容に大きく関わってくるからです。

現代病を防ぐために

男の人

簡単に行える食生活の改善

手足が急に痛み出すことはないでしょうか。痛風というのは手足の指の付け根、肩や肘が急に痛み出す症状のことを言います。痛風になると風があたるだけで痛いと言われ、痛みは一週間から二週間ほどで治まりますが、再発する可能性が高いため常に痛みの恐怖が付きまといます。ですから、その予防をしっかりとすることで再発する可能性を低くしていくことが必要です。痛風の原因は体内で作られる尿酸量が何らかの理由で増えてしまい、それがナトリウムとくっつくことだとされています。予防の為にまずは尿酸値を減らすことが必要であり、それに適している予防策が食生活を代表とする生活習慣の改善です。食生活の改善と言っても難しいことではありません。尿酸が増える原因となるプリン体を過剰摂取しないことが大事です。プリン体はビールなどのお酒に含まれていますが、絶対にとってはいけない訳ではなく、飲みすぎないということをするだけで症状は変わってきます。また、現在ではプリン体ゼロと謳っているお酒も多くありますので、飲むことが好きな方でも予防は簡単に出来ると言えます。尿酸が増える食品や飲料はなるべく避けて、健康促進効果のある食品などを定期的に摂取するよう心がけましょう。

運動はやり過ぎないこと

痛風の予防ではプリン体を過剰摂取しないこと以外でも様々な方法があります。現在ではプリン体の摂取よりも肥満が直接の原因になっているという考え方もあり、肥満解消が痛風予防には有効的に作用します。また、適度な運動をすることで痛風を発症するリスクが40パーセント減少すると言われ、発症している人にも効果的になってきます。ここで大切なのが体力を使い果たすほどの運動は行ってはいけないということです。長距離を走ったりする運動では息を止めることも多く、息を止めた場合は尿酸を作り出す原因になりますので、運動をする場合は「適度」ということがとても大事です。他にも水分を多く摂取して尿を多く出すことや、尿酸の排出を促す海藻、野菜、大豆などの食物を多く摂取することが痛風の予防となります。

ウーマン

更年期障害の症状と改善

ユーグレナは更年期障害の症状緩和の効果で期待されています。美容や便秘にも効果があるため、更年期障害の症状が出る前から摂取するのも悪くありません。その効果はユーグレナに含まれているいくつもの栄養素が関わっています。

老夫婦

手軽に健康を手に入れる

スピルリナは高い栄養価と、ダイエット効果があることで、人気が出ています。数多くの栄養素が、バランスよく含まれているので注目されています。また免疫力を上げたり、便通の改善、さらにはアレルギー抑制効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加